個別指導塾のデメリット

塾によって指導力に差がある

個別指導塾のメリットは、自分の学習状況に合わせて指導してもらうことができることです。しかし、集団ではなく個別に指導してもらうということは、指導する先生が生徒の状況を具体的にしっかりと把握して、成績を上げるために個人に合わせて指導していかなくてはなりません。つまり、先生の能力が低ければいかに個別指導といっても、成績向上のための指導ができないケースがあります。そして、塾によって先生の質に差があるため、学力を上げるために利用するなら先生の質を意識して選ぶ必要があります。大学生のアルバイトが指導しているところの場合は優秀な人とそうではない人の差が大きくなるため、プロ講師が指導する個別指導塾の方が質は確保されています。

自習がメインなのでさぼりがちな人には向いていない

個別指導塾は自習スタイルがメインで、わからないところがあったときに質問していくのが基本です。したがって、さぼりがちな人にはあまり向いていないでしょう。自分でペースをつかむことができる人ならどんどん自分のペースで先に進んでいくことができますが、やる気がない人は一向に単元が進まないこともあります。ただし、この点は個別指導塾も把握していて、生徒のやる気を出すために講師の方から宿題を出したり目標を立ててあげたりするなど、生徒をリードしてあげるカリキュラムを導入しているところもあります。そうした個別指導塾ならペースを塾が作ってくれるため、さぼりがちな人でも一向に勉強が進まないという事態には陥りにくいです。それぞれ特色が異なるので、比較して自分に合っている個別指導塾を選ぶ必要があります。

冬期講習は、本格的な受験シーズンを目前にした人にとって極めて有用な機会です。弱点科目の克服には欠かせません。