個別指導塾のメリット

苦手を補強し、得意を伸ばしやすい環境

一対一で行われる個別指導の最大のメリットは、生徒の得意不得意や、希望に合わせたオーダーメイドの授業を受けられることにあります。今やっている勉強が、受験対策なのか、学校の授業の補習なのかによって、学習の進め方は大きく異なるでしょう。時期や学習状況に応じて切り替えられるという強みは個別指導ならではと言えます。
また、普段は英語と数学の両方を学んでいるものの、定期テストに向けて英語のみを集中して勉強したいという希望があった場合、集団指導ではなかなか対応して貰えませんが、個別の場合は可能です。また、同じような学力レベルであっても、つまずくポイントは人それぞれ異なるものです。集団指導の場合は自力で予習復習をする姿勢が欠かせませんが、個別であれば理解できるまで付き添って貰うことができるのです。

周囲に左右されない落ち着いた環境

集団指導の場合、同じクラスの人を意識しすぎるあまり、勉強に集中できない可能性があります。例えば、ライバル視している人が難問を解いたことで無暗に焦りを感じてしまったり、周囲もできていないから自分もできなくて問題ないと屁理屈を考えてしまったりすることもあるでしょう。本来であればテストの点数や受験の結果など、もっと大きな目標を見る必要がありますが、ついつい周囲を意識してしまいやすいのです。切磋琢磨してお互い良い刺激を与えられるケースもありますが、実現は簡単なことではありません。一方、個別指導であれば、問題を当てられる時に「間違えたくない」と思ったり、「次の次に当てられるから、その問題だけ解こう」といった雑念を抱かずに、勉強に集中することができるでしょう。

小学生の塾は、予習や復習など日々の学校の勉強を対象としているところから、中学受験の指導に対応しているところまで様々です。